1月9日。別名は「ぶたのまんじゅう」

元は地中海沿岸、ギリシャからチュニジアにかけて自生しており、

明治時代に日本に伝わりました。それから品種改良が盛んに行われ、

今では冬の鉢植えの代表格として有名になりました「シクラメン」。

 

室内観賞用が主でしたが、昨今は耐寒性のある「ガーデンシクラメン」も

登場し、冬に寒い富山でも育てやすい種類が出てきています。

うつむくように咲く姿から、花言葉は「内気なはにかみ」。

なんとも可愛らしい花言葉です。

コメントは受け付けていません。