ガーデン用語集 - 

橋添石

庭園内に石橋を架けた際に、その両岸の袂のところに立てられる石のこと。室町時代では低い石が一石か二石であるが、桃山期になるとやや高い立石が三石用いられるようになる例がが多い。江戸初期になるとそのうちの一石が特に高く据えられる。

お問い合わせはこちら

  • WEBからのお問合せ お見積り・ご相談は無料です。 お問合せフォーム
  • オススメ 屋根・外壁リフォーム

CATEGORY

  • 取り扱い商品
  • お仕事の流れ
  • よくあるご質問
  • パース集
  • ガーデン用語集
  • 今月のチラシ
  • 展示場ご案内
  • スタッフブログ

INFORMATION

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • サイトマップ

ページトップへ