ガーデン施工事例 - トータルデザイン

温もりを感じられるウッドタイルテラス♪ 富山市

現場調査の写真です!
南東側に面したお庭には、地境界側にオシャレな配色の板塀があり、ツルバラとクレマチスが誘引してありました。見えにくいですが、誘引しやすいようにネットがつけてあります。(板塀誘引方法の参考になりますっ☆)
DIYで作られた花壇の縁取には、枕木+レンガを組合わせて土留めに。リビング前のウットデッキもDIYで作られたそうで、天然木の為塗装が剥れて劣化していました。
グランドカバーに芝と銅葉クローバーが広がっていました。
ブドウの木が大きく育ったので、ブドウ棚を作りたい♪
リビングから出入しやすいデッキもしくはテラスをお考え中とのことで、プランニングさせていただきました(о‘∀‘о)!!

まずは、ブドウ用の棚を設置しました。Takasho/ポーチガーデンのパーゴラ・ポーチの独立タイプをタイルテラスの上からブドウの収穫ができる位置に設置しました。パーゴラは、アルミ形材にホワイトパインのラミネートが張ってあります。奥の板塀に色を合せてセレクトしました。
テラス部分は人口木のウッドデッキをご提案しておりましたが、ウッドタイルを使ったタイルテラスに♪写真では、下地の土台ができた所になります。
もともと花壇の縁取に使ってあった枕木再利用!防腐予防に塗装を塗り、レンガと組合わせてモルタルで部分固定し、土留めの高さを少しあげました。花壇のデザインも奥行を感じられるように変形にしました。
既存のツルバラも少しずつ移植して、手前側には宿根草や、一年草を植えれるスペースを増やしました。

ウッドタイルの施工中の様子です。
Onlyoneclubマテリアル/シャビーウッドというタイルで、1枚が約900×150×厚さ10の大きさです。こちらのタイルは、玄関ポーチや階段などでよく使われている300角のタイルにくらべ、反りが大きくでています。施工前に平らな場所に置いてみると、中央部分が少し持ち上がるように反っていたので、貼り合せの時は一枚ずつ押さえをつけながら仕上げていくことに・・・職人の腕の見せ所ですね~手間がかかってます☆ミ
色の配色も、御施主の奥様のアイディアで2色使いに!これがすごくイイ感じに仕上がって、色使いを心配しておられた奥様も仕上がりを見てニッコリでした(*‘∀‘*)

タイルテラスの降り口には、自然石の乱張りを広めに!
草予防に花壇以外のスペースは、防草シートを敷いて化粧砂利を敷く予定なので、低くなる場所の排水用に雨水マスを設置しました。
パーゴラの柱元には、大きく育ったブドウを移植しました☆花壇内の柱元には、新たにブドウ苗を植付予定で、収穫の楽しみがまた1つ増えました♪

化粧砂利の整地・花壇内の客土工事を終えてあらあら完成になりました~(о‘∀‘о)♪♪♪
タイルテラス部分が、まだ酸洗い前なので白っぽく見えますが・・・花壇のレンガ土留めと、床の乱張りと一緒に洗いをかけて最終仕上げになります。
ビフォアー写真とくらべると、高さのあるパーゴラに視線がいき、空間が広く感じられます。枕木や、ウッドタイルをダークブラウンで合せて落ち着いた雰囲気になりました。
春にはツルバラのピンクが広がり、梅雨にはアジサイやクレマチスが次々に咲き始めます♪夏頃にはブドウの葉も茂り小さな実もつきはじめます~季節の移ろいを感じられるお庭になりました!

お問い合わせはこちら

関連のガーデン施工事例を見る

  • WEBからのお問合せ お見積り・ご相談は無料です。 お問合せフォーム
  • オススメ 屋根・外壁リフォーム

CATEGORY

  • 取り扱い商品
  • お仕事の流れ
  • よくあるご質問
  • パース集
  • ガーデン用語集
  • 今月のチラシ
  • 展示場ご案内
  • スタッフブログ

INFORMATION

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • サイトマップ

ページトップへ